つまり、当て逃げですでも、誰にあてられたのか分からないし、現場も私自身が見ていないので、車の修理は自分たちで負担するしかありませんでした

でも、幸い自動車保険に車両保険もつけていたので、保険を利用して修理をすることができました。今回は車の修理だけで済んだので良かったのですが、もし、車がぶつかってきた時に、中に子供たちと一緒に乗っていたらと思うととても怖いです。車の衝撃というのはかなりのもので、大けがにつながる可能性も大きいです。自分だけが気をつけていても事故に巻き込まれることもあるので、万が一に備えて自動車保険は必ず加入しておいたほうが良いと、この時改めて実感しました。やはり、車で事故を起こすと、怪我や車が傷つくということも大きなショックですが、その後壊れたものを治したり、治療をするために高額のお金が必要になります。その点も自動車保険に加入していれば保険で賄えるので、お金の心配もしなくて済むのです。車は非常に便利なものですが、常に危険と隣り合わせということを忘れずに運転する必要があります。そして、それでも事故が起こらないとは限りません。その時のために自動車保険は備えておくべきものです。

none